共同生活のストレス

シェアハウスは家賃や初期費用を安く抑えられるため人気となっています。しかし、見知らぬ人たちが半共同生活を送るという性質のため、やはりそこには少なからずストレスが発生するのです。では、このストレスの原因となるデメリットとはどんなものなのでしょう。

集団生活を送る上で、最も気を付けなければいけないルールがあります。それは最低限、他のシェアメイトに迷惑をかけないということです。シェアハウスにはルールがあります。しかし、それを守らない人と一緒になる可能性もあるのです。そうなると、せっかくのシェアハウスでの生活も快適とは言えなくなってしまいます。また、自分の部屋には友達を呼びたいものですが、シェアハウスは基本的に友達や恋人を入れることはできません。

他にも、生活習慣の違いがあります。職種によって働く時間帯にズレがあります。夜中に帰ってくる人もいますから、自分の生活リズムと違う人を受け入れる必要が出てくるのです。また、お風呂やトイレが共同ですので、これに抵抗がある人は難しいでしょう。このように、シェアハウスは共同生活にありがちなデメリットが多く存在しますので、他人に対して神経質な人には不向きなスタイルと言えます。