共同生活のストレス

シェアハウスは家賃や初期費用を安く抑えられるため人気となっています。しかし、見知らぬ人たちが半共同生活を送るという性質のため、やはりそこには少なからずストレスが発生するのです。では、このストレスの原因となるデメリットとはどんなものなのでしょう。

集団生活を送る上で、最も気を付けなければいけないルールがあります。それは最低限、他のシェアメイトに迷惑をかけないということです。シェアハウスにはルールがあります。しかし、それを守らない人と一緒になる可能性もあるのです。そうなると、せっかくのシェアハウスでの生活も快適とは言えなくなってしまいます。また、自分の部屋には友達を呼びたいものですが、シェアハウスは基本的に友達や恋人を入れることはできません。

他にも、生活習慣の違いがあります。職種によって働く時間帯にズレがあります。夜中に帰ってくる人もいますから、自分の生活リズムと違う人を受け入れる必要が出てくるのです。また、お風呂やトイレが共同ですので、これに抵抗がある人は難しいでしょう。このように、シェアハウスは共同生活にありがちなデメリットが多く存在しますので、他人に対して神経質な人には不向きなスタイルと言えます。

シェアハウスのメリット

都市圏で駅が近い場所だと、どうしても家賃が高くなります。若い世代だと、収入が低くそういったところに住もうと思えば、とても無理をしなくてはいけません。そのため、駅から遠い、不便な場所で部屋を探すことになります。しかし、そういった問題を解決してくれるものがあるのです。それはシェアハウスというもので、1つの住宅で何人もの入居者が半共同生活を送るというスタイルになっています。

このシェアハウスですが、ワンルーム並みの家賃で、都市圏の便利なところに住めるため、若者を中心に人気となっています。システムとしては、キッチンやトイレ、お風呂などを共同で使用し、プライベートは個室というものです。つまり、見知らぬ人同士が一つ屋根の下で生活をするということになります。最大のメリットはその家賃の安さです。1つの物件を何人かで借りるのですから、家賃は安くなります。その上、敷金や礼金がないため初期費用が低く抑えられるのも嬉しい点です。

このように、シェアハウスのメリットとしては安さが特徴です。また他にも、性別、世代、場合によっては国籍の違う人たちが一緒に住むので、そこには出会いが沢山あり、一人暮らしよりもずっと毎日が楽しくなるのは間違いないです。週末には集まってパーティーをしたり、国籍が違うことで各国の食文化を楽しんだりできます。しかし、共同生活ゆえの問題点も少なからずあります。次はその点について説明していきます。

TOPIC|http://www.e-guesthouse.com/

 

 

 

シェアハウスで暮らす

都市圏で人気の賃貸物件として、シェアハウスがあります。駅に近く、家賃も安いため若い世代を中心に支持を得ています。このシェアハウスは、1つの住宅で複数の入居者が半共同生活を送るというものです。いつも誰かがいるため、セキュリティ面や一人暮らしの寂しさが紛れるという点ではとても優れたメリットといえるのですが、やはり共同生活にありがちなデメリットもあるのです。このサイトはそういったシェアハウスでのメリットやデメリットについて説明します。

シェアハウスは1つの物件を何人かで借りる形態になりますから、家賃は頭割りで安くなります。その上、敷金や礼金を払う必要がない場合がほとんどですので、引っ越しの初期費用がかなり抑えられます。しかし、こういったメリットがある反面、やはりデメリットも存在するのです。

シェアハウスのデメリットとしては、考え方や習慣の違う人たちと一つ屋根の下で生活する上での不都合でしょう。他人に対して無神経な人もいますし、ルールを守れない人もいます。そういった人と一緒になる場合もあるのです。実際は、気の合う仲間同士でわきあいあいといったイメージとは程遠いことも考えられます。しかし、一人暮らしでは味わえない充実した共用設備や家具家電つきの部屋などはシェアハウスの最大のメリットでしょう。最近のシェアハウスではこうした共用設備は専門の掃除業者が入るようになっていて、わずらわしい掃除もしなくてすみます。

人間関係から発生するデメリットもあれば、低コストや充実設備によるメリットもあります。今回はシェアハウスのメリット・デメリットについて紹介していこうと思います。